Site Search
+81 (0)3 3230-2961

ETCHMET™ 合金 – スマートフォン向けVCM & OIS用ばね材

マテリオンは顧客から求められる要求を満たすため、継続的に製品の改良・最適化を行っています。スマートフォンカメラ部品の、ボイス コイル モーター (VCM)や光学式手振れ補正 (OIS)に使用されるばね材において、高強度の薄箔材・ワイヤー材を提供し、耐久性の限界値向上に寄与しています。新製品のEtchMetTM合金は極めて高い強度を持ち、VCM、OISへの使用が可能です。

スマートフォンの設計にEtchMet™ 合金を採用することで、以下項目が期待できます。

  • VCM、OISばね材の寿命・性能向上。
  • スマートフォンカメラ、オートフォーカス時間の短縮。
  • ばね材の高耐久性を実現し、破損変形・恒久変形なく衝撃荷重に耐える。
  • 高い疲労強度 (繰り返しの衝撃・作動サイクルに対する耐久性をもつ)

極めて高い強度を持ち、VCM&OISへの使用可能

EtchMet合金は最も高い強度を持つ材料であり、VCM & OIS部品に使用可能です。チタン銅材料よりも優れた物性を示し、携帯電話のカメラ部品に使用した際に多くの利点が期待できます。

VCM & OIS設計者・製造者にとって、EtchMetの使用で以下の利点が考えられます:

  • 均一で単層の結晶構造を持つ。フォトエッチング加工において、応力集中部のない均一なエッジ部の形成が可能。
  • 析出硬化処理済みであり、追加の熱処理が不要。
  • コイル巻きぐせが最小限であるため、フォトエッチング加工でのアライメントが容易になる。
  • はんだ性、溶接性が優れている
小さいばね材は、デバイスの落下衝撃に耐えるため、極めて高い強度が要求されます。加えて、スマートフォンの設計の多くは制動機構を設けておりません。そのため、ばね材に高い堅さをもたせることで、振動の最小化 → 素早いフォーカス機能の実現が可能になります。

EtchMet Alloy TM10のデータシートはこちらからダウンロードできます

EtchMet Alloy TM20のデータシートはこちらからダウンロードできます

EtchMet ワイヤー材

携帯電話のカメラ大質量化に起因して、レンズを吊るすはね材料はより小さく・薄くなっています。EtchMetワイヤー材は、これに適応するVCM/OISばね材料として期待されます。EtchMetワイヤー材は、材料が均一な弾性係数を持つため、一定の堅さ、減衰挙動を示します。これにより、ばね特性計算を容易にします。

EtchMet ワイヤー材のデータシートはこちらからダウンロードできます

EtchMet及びチタン銅合金の物性比較

以下EtchMetとチタン銅合金の比較において、EtchMetの優れた性能を示します。

EtchMet alloy TM10 & TM20 vs. CuTi

EtchMet TM10

EtchMet TM20 (preliminary)

CuTi

弾性係数 (堅さ)

131 GPa

133 GPa

127 GPa

引張強度

1260 MPa

1500 MPa

1400 MPa

耐力値

1200 MPa

1475 MPa

-

疲労強度

(106 回試験)

575 MPa

TBD

550 MPa

追加情報・サンプル提供など、EtchMetについてのお問い合わせは、以下までご連絡ください。お問い合わせリンク