Site Search
+81 (0)3 3230-2961

ブラッシュ1915鉛入りニッケル銅合金 

ブラッシュ1915は熱処理可能な鉛入りニッケル銅合金で、特に冷間ヘッディング加工や自動ねじ切り加工に適しています。この合金は銅ベリリウム材の代用品として用いられることもあります。

ブラッシュ1915は析出硬化合金で、高い強度、耐食性、引張強度と耐力とともに優れた応力抵抗も備えています。ブラッシュ1915の特長は

  • 優れた切削性(快削ブラスの70%)
  • 優れた冷間ヘッディング加工性
  • 良好な伝導性
  • 精密な直径寸法管理
  • 安定した組織構造  
  • 優れた表面仕上げ

物理的性質:

  • 密度 = 8.88 g/cm3
  • 熱膨張係数 = 17.7 x 10-6/oC
  • 熱伝導率 = 210 W/(m・K)
  • 導電率 = 45% IACS
  • 鉛入りニッケル銅 ロッドおよびワイヤーの機械的性質

ブラッシュ1915についてのお問い合わせ 

ストリップ材料営業部